事業を成功させるには事前の計画が大切

会社は、思い立ってすぐに設立できるものではありません。安易に設立すれば経営に失敗するリスクが高まるので、事前に数年から数十年先を見通した念入りな計画を練っておきましょう。特に日本とは勝手の違う海外に会社を設立する場合は、より慎重に行動することが大切です。

開業前に正しい知識を身に付けよう!運営と経営の違いとは?

力を発揮するために組織をまとめて動かす・運営

基本的に運営も経営も、利益を生み出すために行うという点は変わりませんが、運営は外部ではなく内部への働きかけを指します。組織のメンバーを効率的に動かして利益につながるようにまとめることを、運営といいます。

計画的に業務を実行して事業目的達成を目指す・経営

内部の人に焦点を当てる運営に対して、経営は利益を生むために給与や備品、資金を調整することを指します。経営が傾けば事業の継続が難しくなるため、定期的に見直して調整する必要があります。反対に経営がうまくいくことで、大きく利益率を上げることができるでしょう。

インドネシアでの会社設立をサポート!コンサルティング会社とは?

店舗

会社設立は専門のコンサルティング会社に相談

海外で会社を設立するなら、専門のコンサルティング会社に依頼しましょう。中でも、インドネシア専門といったその国に関する知識に明るいコンサルティング会社に依頼すれば、スムーズに海外進出することができます。海外では法律が異なるので、手続きに戸惑うことも少なくありません。海外進出を急いでいる企業は、専門のコンサルティング会社を頼りましょう。

コンサルティング会社が行っているサービス

コンサルティング会社に依頼すれば、経営戦略に関するアドバイスがもらえます。法的手続きの書類を用意したり、手続きを代行してもらうことも可能です。他にも、現地で情報収集を行ってオフィスを置くのに最適な物件を探し出したり、現地で人材登用を行うなどのサービスを実施しています。インドネシアを専門とするコンサルティング会社は強いコネクションを持っているので、安心して頼りましょう。

失敗しないハウスクリーニングの開業方法

店舗を構える必要がないハウスクリーニングは、手軽に開業できる事業として人気です。しかし、独立開業するにはまとまった資金が必要となります。失敗すれば大きな損失を被ることになるので、安易に開業するのではなくしっかりと準備を整えてから開業しましょう。ハウスクリーニングで独立開業を目指す際には、フランチャイズ加盟がおすすめです。大手企業がしっかりとサポートしてくれるので、失敗するリスクを減らすことができます。

店舗管理で業務効率化を目指す

店舗の運営には、売上や在庫、顧客に関する情報を記録しておく必要があります。また、情報を残しておくことで定期的に運営方法を見直して、適宜経営戦略を練り直すことが必要です。すべての情報を逐一書き留めて計算し直すことは簡単ではありませんが、店舗管理システムを利用すれば自動的に記録を残しておくことが可能です。パソコン上に記録しておけばいつでも好きな時に情報を引き出せる上に、分析したり編集することもできます。作業負担が軽減されるので、業務効率化やコスト削減に繋がります。

インドネシアに会社を設立した経営者の体験談

右も左も分からない中での設立でした

経済成長の著しいインドネシアで成功を夢見て、会社を設立することにしました。何度も訪れた国なので知り合いも多くうまくいくかと思ったのですが、いざ手続きに入るとわからないことだらけで混乱してしまいました。藁にもすがる思いでコンサルティング会社に相談したところ、現地事情を教えてもらえただけでなく手続きも代行してもらえたので、本当に助かりました。

他の国への進出も考えています!

会社の決定でインドネシアに現地法人を設置することになったのですが、海外進出は初めてなのでコンサルティング会社にサポートをお願いすることにしました。お陰様でインドネシアでの経営が順調なので、今後はマレーシアやベトナムへの進出も目指しています。もちろん、次も同じコンサルティング会社に依頼する予定です。

[PR]
インドネシアで会社設立を予定